日本での梅雨ってどんなもの?

その傾向にあります。特に6月は、まとまった雨が多いと思います。そんな時期でもあります。ですから、時に一週間の殆どが雨という時期もあったりしますよね。いわゆる、これは梅雨ですよね。『梅雨』※北海道、小笠原諸島のみが範囲外となります。それ以外の地域では、青森~沖縄まで、到る所に毎年訪れます。※尚、梅雨は日本以外でもアジア諸国で見られる気象現象になります。※(注意):日本固有のものと言う訳ではありません。熱帯雨林地方などで、「スコール」と呼ばれるものがります。※(注意):これは梅雨とは意味合いが異なります。梅雨は、基本的に大雨であると言うことは定義に含まれませんので、あくまでも雨の多い時期と言うことですね。また、あるいは雨雲が多い時期という事になりますね。ただ、結果として雨量が多くなることがあるのは間違いありませんよね。日本では、梅雨と言う時期は、基本的にあまり好まれていませんよね。雨が少ない土地柄でもないことでもありますが、雨に対する感覚としては、以下の事が挙げられます。「濡れるから嫌」「洗濯物が干せないから嫌」「ジメジメしてカビも多くなるから嫌」などがあります。たまに降るのは風情もあって良いと言う人もいます。そう思う人は、結構いるかもしれませんね。~とは言っても、どうしても毎年のように梅雨はやってきます。そんなことで回避することが叶わない以上、必要なのは梅雨の過ごし方と言うことです。それに関する対策を講じることですね。梅雨の時期に発生する様々なトラブルがあります。