プロミスでお金を借りたいけど銀行のほうも一応検討してみた

お金を出資してもらうことができる金融機関には銀行以外に、消費者金融やクレジットカードでプロミスのキャッシングするという方法があります。

以前は銀行からお金を借りるには複雑な手続きが必要となるため融資までに時間を要しましたが金融機関とはお金を貸すことによって発生する利子で銀行の金利と消費者金融の金利を比較した場合、まんざら消費者金融のほうが高金利とは言えません。

消費者金融のメリットは銀行に比べてお金が借りやすく数年前までは、簡単な手続きで借り入れることができました。

当時は、現在のようにきちんとした法整備が確立されていなかったため、規定の金利よりも高金利でローンを組んでしまったという人がたくさんいました。

これが、いわゆる過払い金というもので多く払い過ぎてしまった金利分を意味します。

過払い金は返還してもらう権利があるのですが、払い戻しには請求期限があります。

完済日から10年経過すると時効となり請求権を失効してしまいますので心当たりがある方はまずは法律相談事務所に相談することが大切です。

お金を融通してくれる金融機関はたくさんありますが大きく分けると銀行とノンバンクに分類されます。

一般的にノンバンクというのは銀行以外の融資機関の総称でクレジットカード会社や消費者金融プロミスなどが該当します。

クレジットカード会社や信販会社は商品代金の立て替え業務がメインで利用限度枠内でプロミスの借りやすいキャッシングサービスの提供も行っています。

これに対して消費者金融というのは貸金業専門となりますので限度枠内ならば借り入れと返済が何度でも可能となることが特徴です。

消費者金融と銀行の違いは業務内容が異なるという点です。

銀行は金融以外にも為替や証券取引など様々な商品を扱っています。

消費者金融のプロミスのキャッシングと銀行カードローンは似て非なるものです。

両者それぞれ、メリットデメリットがあるので比較してみることにします。

消費者金融のメリットといえばやはり審査時間が早い、審査に通りやすいなどがありますが銀行カードローンと比較した場合金利が高いことや、借入限度額が低いというデメリットもあります。

銀行は銀行法、消費者金融は貸金業法と法律が異なっており貸金業法には総量規制という制限がかけられています。

これは、借金の増えすぎを止めるために設定された規制で借り手の年収の1/3を超えてはいけないというものです。

ただし、住宅ローンやマイカーローンのように有担保ローンは除外されプロミスのカードローンやプロミスのキャッシングのように、無担保のローンにだけ適用されます。

プロミスのカードローンの仕組みを紹介します。

カードローンは審査によって個人に貸出限度枠が与えられその範囲の中であれば何回でも借り入れや返済を行うことができるというものです。

決められた日時の借入残高に対して利子が計算されて返済日に引き落としされる「約定返済」が基本の返済方法となります。

引き落される金額は残高によってランク分けされることになりその金額の範囲内から利息を差し引いた分が元本の返済に充てられという流れです。

ですから、利息の計算日までにできる限り元本を減らしておくことが利息をできるだけ安くする有効な方法と言えます。

返済する方法として約定返済以外に繰り上げ返済と言う方法があり繰り上げ返済は多収入が多かった時にまとめて返済することで効率良く元本を減らすことができます。

現在の消費者金融には怖いイメージはないと思いますが、バブル崩壊の頃はサラ金や街金と言われる、いわゆるウシジマくんのような世界でした。

当時はバブル絶頂で金銭感覚が狂ってした人たちが多く簡単にお金を貸してくれるサラ金や街金で借金を繰り返していました。

借りたお金には利子をつけて返さなければいけないのですが気軽に借金する人ほどお金に対する感覚がマヒしてしまっているので当然返済できるわけがありません。

一方で、サラ金や街金は返済してもらわないと損益が出てしまいますので当時はかなり暴力的な手段で取り立てを行っていたようです。

現在は当時のような乱暴な取り立ては法律で禁じられていますので昔のように玄関先で大声で怒鳴り取り立てるようなことはありません。

消費者金融のプロミスのキャッシングのメリットはなんといっても簡単に借り入れることができ好きな時にATMで返済できるので借金をしている感覚を感じさせないほど手軽に利用することができます。

ですが、カードローンは使い方によっては非常に有用なものなのですが住宅ローンなどの借り入れ額が大きいローンを組めなくなる可能性があります。

住宅ローンというものは数千万円を長期に渡って返済していくローンになりますのでローンを組む人は金銭的に安定していることが第一条件となるのです。

プロミスのカードローンの利用者は慢性的な金欠状態にあると判断され事前審査すら通らない確率が大きいのです。

完済していてもローンカードを有しているだけで審査が不利になってしまいますので住宅ローンを組む場合には、カードローンは解約しておくことをおすすめします。

消費者金融と言うと反社会的集団が連想されなんとなく恐い、ヤバイというイメージを持つ人が多いです。

バブル崩壊期は法律を無視した暴力的な取り立てや時間を無視して自宅へ押しかけるような乱暴な行為が横行していました。

近年、ようやく法律が改正され銀行傘下に入る企業が増えたことにより法律順守の意識が高まり、ブラック企業のイメージは改善されつつあります。

最近では、テレビやラジオのCMに今和田の人気タレントを起用したり借金を意識させない内容にして、消費者金融のイメージアップが成功してきています。

一方でCMの内容が商品とかけ離れているものも多く意味不明とか何のCMだか分からないという不満の声もあがっています。

消費者金融プロミスは借りる時は簡単だけれど返済が遅れると怖い人がやってくるというイメージを持つ人は多いと思います。

数十年前は、法律を無視した怖いお兄さんによる強引な取り立てが多かったのですが近頃は法律が改善されので、そのような取り立ては行われません。

金利は銀行カードローンと比較すると高い場合が多いのですが提携ATMの数は銀行に勝っています。

借入や返済もコンビニなどで手軽に行えますしATM手数料が無料だったりするので、銀行カードローンよりも使い勝手が便利です。

また、レディースローンを提供している消費者金融もあるので女性でも安心して申し込めると人気です。

住宅ローンは保証人や担保が必要となりますがカードローンは担保や保証人不要の無担保ローンです。

住宅ローンとういのは長期に渡って返済するものですから返済期間中に問題が発生することがないかを入念に審査する必要があります。

これに対して、カードローンやクレカなどのローンは住宅ローンほど大きな借入額になりませんし、返済期間も短期が一般的です。

そのため、個人信用だけで借り入れすることが可能ですし保証人や担保も必要ありません。

何より、保証人を立てて審査をすると時間がかかってしまうためプロミスのカードローンのメリットであるスピード感が喪失していまいます。

消費者金融のプロミスのキャッシング審査は割かし通りやすいと言われているので審査に落ちる人には、それなりの理由があると思います。

過去に自己破産を経験した人や延滞した事がある人はブラックリストに入ってしまっている可能性があります。

消費者金融には貸金業法に基づいた総量規制があり年収の1/3を超える借り入れはNGという規則に抵触している可能性もあります。

つまり、年収300万円の人は100万円が限度額という事になるのですが、その人がすでに50万円の借金がある場合は新規プロミスのカードローンでは50万円が限度額ということです。

又、複数の金融業者から借金がある人は多重債務者と言って、どの消費者金融でも敬遠されます。

今すぐお金を借りたいという方にオススメの方法としてカードローンがありますが銀行が提供しているものと消費者金融が提供しているものの2種類があります。

銀行カードローンのメリットはなんといっても金利が低く、貸出限度額も大きいのですが審査が厳しいこともあり、属性が高い人におすすめしたいプロミスのカードローンです。

消費者金融のプロミスのキャッシングの場合、利息が高めとなっているほか、最大貸出限度額も低く、個人の収入や借入れ状況によっても限度額が大きく左右されます。

このことから、消費者金融の方が銀行よりも諸々の条件で不利な点が多いように思えますが、銀行と比較すると、消費者金融のプロミスのキャッシングの方が審査に通りやすいため属性に自信が無い方でも審査に通る可能性があります。

また、審査結果の通知も早く、プロミスの即日融資もしてもらえるので今すぐお金が必要!というときに利用されることをおすすめします。

プロミス審査の口コミは?即日ネット申し込みOK!【私の体験談】